キャリアコンサルタントになるなら株式会社テクノファのキャリアコンサルタント養成講座

株式会社テクノファは厚生労働大臣認定キャリアコンサルタント養成講座実施機関です。

新着情報

2024.07.01 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_イギリス_労働施策 3】を掲載
英国は、ヨーロッパ最大の人口を誇る巨大消費市場やビジネスハブとしての優位性を持ち合わせており、英国政府も外国企業への投資を促進するための税制上のインセンティブを提供しています。他の国に比べて、法人税率が低く設定されています。英国に拠点を持つ日系企業は約960社、最も多く進出しているのが製造業で約330社です。
2024.06.29 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_イギリス_労働施策 2】を掲載
国民保険の納付記録に基づく給付として、失業者に給付される新型求職者給付 、また長期の疾病や障害、介護などの理由で就労困難な者に対する新型雇用・支援給付がある。新型求職者給付国民保険料を被用者として納付した期間(第1種国民保険料納付期間)が一定期間以上あり、失業者又は就労時間が週平均16時間以上でない者に給付される。
2024.06.27 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_イギリス_労働施策 1】を掲載
2020年の実質GDP成長率はマイナス11.0%と、新型コロナウイルスの影響で大きく落ち込みましたが、2021年は7.6%と大幅なプラス成長となりました。ただし、2022年に入りプラス成長は小幅となり、2022年第3四半期には再びマイナス成長に転じています。
2024.06.25 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_イギリス_社会保障施策 3】を掲載
英国では、6人に1人の成人がメンタルヘルスの問題を抱えているとされ、国営の国民保健サービスを中心としてメンタルヘルス対策にも重点が置かれている。国民保健サービスの地域のメンタルヘルスサポートチームは、学校に通う生徒や親に対する個人面談を実施するほか、学校におけるメンタルヘルス対策の導入支援等を行っている。
2024.06.24 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【キャリアコンサルタント養成講座 12日間受講経験談2】を掲載
Aさんは「キャリコンサルタント養成講座」を調べた結果、テクノファの「キャリコンサルタント養成講座」が自分に合うのではないかと思い、3か月にわたる12日間「キャリコンサルタント養成講座」講座を受講することに決めました。決めた理由は16年の「キャリコンサルタント養成講座」の歴史と「組織と個人の共生」です。
2024.06.20 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【キャリアコンサルタント養成講座 12日間受講経験談】を掲載
Aさんは会社勤めをしている傍ら「キャリアコンサルタント」という資格を知りました。厚生労働省の国家資格であること、企業の中で人間関係の相談に乗ってあげる力を付けることなどを知り、どこかの「キャリアコンサルタント養成講座」を受けたいとNetで多くの「キャリアコンサルタント養成講座」を調べました。その養成講座受講経験談です。
2024.06.19 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【キャリアコンサルティングの実践のポイント5点】を掲載
英国政府は外国企業への投資を促進するための税制上のインセンティブを提供しています。例えば他の多くの国に比べて、法人税率が低く設定されていることは良く知られています。そうした中、英国に拠点を持つ日系企業は約960社、最も多く進出しているのが製造業で約330社です。
2024.06.16 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【キャリアシートの作成指導について】を掲載
力ウンセリング基本的スキルとしてのキャリアシートの作成指導について説明します。キャリアシートは、職業経験のある人が自分の過去を振り返り、技能や能力について把握し、過去の職務や経験を評価し、今後の希望や計画をまとめるためのシートです。特に定められた形式はありません。
2024.06.13 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_イギリス_社会保障施策 2】を掲載
英国政府は外国企業への投資を促進するための税制上のインセンティブを提供しています。例えば他の多くの国に比べて、法人税率が低く設定されていることは良く知られています。そうした中、英国に拠点を持つ日系企業は約960社、最も多く進出しているのが製造業で約330社です。
2024.06.11 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_イギリス_社会保障施策】を掲載
英国は、ヨーロッパ最大の人口を誇る巨大消費市場やビジネスハブとしての優位性を持ち合わせており、英国政府も外国企業への投資を促進するための税制上のインセンティブを提供しています。例えば他の多くの国に比べて、法人税率が低く設定されていることは良く知られています。
2024.06.08 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_インドネシア_労働条件施策】を掲載
労働条件に関しては、労働法の中で、10人以上の労働者を雇用する企業は就業規則を作成し、管轄の労働当局の承認を受けなければならないとされています。ただし、労働規約を有している企業については、就業規則は不要とされています。
2024.06.06 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_インドネシア_雇用施策】を掲載
インドネシアの経済成長率は、コロナ禍以前は5%前後で推移していました。コロナウイルス感染拡大の影響で2020年は、マイナス成長になったものの、その後は再び5%台の成長率まで回復しています。雇用対策は、労働省が全国レベルの労働行政を所管しています。
2024.06.04 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_インドネシア_社会保障施策 2】を掲載
インドネシアに進出している日本企業は約1500社となっていますが、近年の不安定な中国や台湾問題を考慮するとインドネシアへ進出する日本企業は今後まだまだ増えていくだろうと見られています。そんな中、キャリアコンサルタントが日本企業で働く人とコンサル業務でかかわる事も多くなっています。
2024.06.02 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_インドネシア_社会保障施策】を掲載
インドネシアは、ASEAN地域で最も人口が多く、約2億7千万人を擁しています。この巨大の人口が国内市場の規模を拡大し続ける要因となっています。またASEANで最大のGDPを有しており、東南アジアの地域経済において重要な立ち位置にあります。
2024.05.31 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【アサーション、グループワークなどカウンセリングの基礎的スキル】を掲載
アサーションとは、アサーティブの動詞ですが、いわゆる日本語の自己主張とは違います。「自分のことを大切にしながら同時に相手のことも大切にして、自分の気持ち、意見、信念などをその場に合った適切な方法で正直に、率直に表現する」ことです。
2024.05.29 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【キャリアコンサルティントの相談のポイント】を掲載
キャリアコンサルタントの相談実施においては、基本としてのポイントがある。クライエントのニーズに合わせて必要なステップを実行する。キャリアコンサルティングにおける相談は、ガイダンスやカウンセリングなど他の相談と重なるところや類似するところがあるので、キャリアコンサルティングの特徴を理解しておく必要がある。
2024.05.27 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【コミュニケーション理論に基づくBFT統合モデル】を掲載
若島孔文 長谷川啓三2018「新版よくわかる!短期療法ガイドブック」金剛出版から主だった箇所を引用して紹介します。
2024.05.25 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【労働に関係する労働法は大きく3つに分類できる】を掲載
キャリアコンサルタントが知っているべき労働関係法規、社会保障制度等に関してのお話です。日本の労働法の体系は、(1)雇用や労働市場に関する法律 (2)労働条件に関する法律 (3)労使関係に関する法律の3つである。キャリアコンサルティングにおいては、職業安定法や職業能力開発促進法などが直接関係してくる法律である。
2024.05.23 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【キャリアコンサルティングの成長モデル】を掲載
キャリアコンサルタント熟練レベルになるための近道や特効薬はなく、継続した学習と実践を積むしかない。実践ケースにおける失敗経験を反省し自身の力量を自覚するとともに、成功経験についてはその後の活動に効果的に反映させる。活動に対する先輩や指導者からのフィードバックを求め、自分の資質の向上に努めることが必要である。
2024.05.21 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【キャリアコンサルタント熟練レベルを目指して】を掲載
熟練レベルと非熟練レベルとの差異について、中央職業能力開発協会のキャリアコンサルティング研究会報告書「熟練キャリアコンサルタントに係る調査研究」を引用して説明します。
2024.05.19 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【ブリーフ―セラピー(BFT)とは】を掲載
國分はカウンセリングを「言語的および非言語的コミュニケーションを通して行動の変容を試みる人間関係である」と定義し、そして、カウンセリング技法について、「言語的および非言語的コミュニケーションを効果あらしめるもの」と述べています。
2024.05.17 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【傾聴とは積極的に聴くことである】を掲載
ドラッカーは近代経営学の父と呼ばれた人ですが、彼は経営者が効果的にマネジメントする8つの慣行を提案しました。その中に「最初に聴き、最後に話す」というものがあります。
2024.05.16 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【アサーションとチェンジ・エージェント】を掲載
「アサーション」(assertion)は1950年代にアメリカで、自己主張を苦手とする人を対象としたカウンセリング手法として生まれた。「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己主張のことです。
2024.05.15 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【CDW(キャリア開発ワークショップ)】を掲載
キャリアコンサルタント自身が自分自身を見つめ、内的キャリアを自覚できてから他者理解ができることに繋がると思っています。CDWは、カウンセリング演習の時に得たいろいろな自覚を効果的に発揮させるのに大変役に立つように思います。
2024.05.14 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【カウンセリング技法についての概説】を掲載
事前段階 かかわり技法についてです。ヘルパーとヘルピーのリレーションづくりに用いる。ヘルピングでは、かかわりへの準備、親身なかかわり、観察、傾聴の4つの技法が示されます。
2024.05.13 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出企業で働く人々_インド_職業能力開発】を掲載
インド中央政府により実施される訓練プログラムには、次の3つがあります。①学校中退者や失業した若者を対象とした短期訓練②訓練対象の技術をすでに習得している者に、技能評価を与える事前学習認定訓練③特定の職種に関する訓練
2024.05.11 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出企業で働く人々_インド_雇用施策】を掲載
労働者は、非組織部門と組織部門とに区分され、労働法制や社会保障制度等の適用において大きな違いがあります。労働者数10人以上の企業または政府機関で働く者が組織部門の労働者とされ、農業労働者、自営業者、または労働者数10人未満の企業で働く者は非組織部門の労働者とされています。
2024.05.09 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出企業で働く人々_インド_公的扶助制度】を掲載
憲法第41条において、州政府は開発や経済的能力の範囲内で失業、老齢、疾病、障害その他不当な困窮に対する公的扶助を受ける権利を確保するための効果的な対策をとることが義務付けられており、これに基づき救貧対策がとられています。
2024.05.07 お知らせ 「働くこと」と「ウェル・ビーイング」にフォーカスし、私たちの未来への一歩を目指す公開対話会
基調講演:D・Lブルスティン博士とシンポジウム
【日にち】2024年6月16日(日)・6月18日(火)・6月22日(土) 【時 間】13:00-17:00(22日は13:30-17:00)
お申し込みの際は、連携団体にテクノファもなっていますので割引価格でご受講できます。
2024.05.07 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出企業で働く人々_インド_保険医療関連施策】を掲載
インド全国民の7割何らかの医療保護を受けられているが、残る3割(4億人超)が保護されていない状況にある。医療保険加入への機運情勢、的確な対象者の抽出、加入しやすい保険料設定、保険財政安定化のための逆選択が起きないための仕組みづくりなどの必要性を政府は目指しています。
2024.05.06 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出企業で働く人々_インド_医療と社会保障】を掲載
インドは歴史、宗教による独自の文化があり、またビジネス慣習も日本とは異なります。そんな中で、インドへ進出している日本企業は約1,400社です。キャリアコンサルタントが日本企業で働く人とコンサル業務でかかわる事も多くなっています。今回は、インドの医療と社会保障制度についてお話しします。
2024.05.04 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_ベトナム_技能検定、雇用の状態】を掲載
私は2024年4月25,26日の両日ハノイのハイフォン市にある日系企業を視察してきました。いろいろ課題はありますが、伸び盛りの若い国でエネルギッシュな活動をいろいろな場面で見てきました。
2024.05.04 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_ベトナム_雇用政策】を掲載
ベトナムは、2019年まで労働人口は増加を続けていましたが、2020年は5,484万人と前年比92万人減少となり、以降減少しています。
2024.04.29 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_ベトナム_公衆衛生、社会保険】を掲載
日本とベトナムは、長年にわたって政治、経済、文化、スポーツと幅広い分野で友好関係が続いています。日系企業の進出も盛んで、約2千社がベトナムへ進出しており、キャリアコンサルタントが日系企業で働く人々と接触する機会は年々増加しています。
2024.04.28 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_ベトナム_社会保険について】を掲載
私の友人は6年間ほどベトナムの日本企業で働きました、ベトナムは人口に占める若年層の割合が大きいせいか、その企業にも多くの現地の若者が働いていたそうです。その中で、優秀な人材が他の企業に転職する例もあったようで、そのため、賃金上昇によるコスト増で、経営者は頭を抱えていたと語っていました。
2024.04.27 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【MBO目標管理3】を掲載
一人ひとりの人材が、具体的な仕事を通じて自己の特徴(アイデンティティ)をつかみ、自分らしく成長する。MBOはまさにその土壌と枠組みを提供する。その土壌と枠組みは、個人目標と集団目標の併設を弾力的に行なうことによってさらに本格化し、定着していくことであろう。
2024.04.26 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【目標管理と人事考課】を掲載
評価、考課の現物を手にしながらの学生のバズには熱が入る。「なるほど、会社に入るとこういうふうに勤務評定されるのか」というわけである。社会人には想像もできない珍妙な感想などもあって、講師もつい楽しんでしまうが、結論からいうと、圧倒的大多数がMBO方式を支持する。その理由は大体次の通りである。
2024.04.25 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【目標管理実践上の提言】を掲載
いくつかの重点目標を個別に設定することは、MBOの最初の重要な段階である。この際、個別を原則としながらも、相互依存的要素の強い職務分野では、個別プラス集団(課・係などの小集団または2、3人のサブグループ)の目標、つまり、個別目標と共有目標を併設する方が有効な場合が多い。
2024.04.24 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【目標管理の基本的概念】を掲載
目標管理の基本的概念は単純明快である。① マネジメントは目標を明確に設定することからはじまる、②リソース (ヒト・モノ・カネ)と時間を配分し、目標達成に向けて遂行する、③遂行の成果を目標に照らし評価する、④新たな目標を明確に設定して、同様なサイクルを進行させる。PDCAと変わることはない。
2024.04.23 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【目標管理の悲劇】を掲載
目標管理の導入にもっとも悲観的な人達は、目標管理的な思考が日本人になじまないという。目的合理主義は日本人の価値観や美意識にそぐわないという。日本の伝統的発想は目標よりもプロセスの重視にあるという。なるほど、一生懸命やってできなければ仕方がないと言うが、私はこのテの議論になじめない。
2024.04.22 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【MBO 目標管理2】を掲載
中高年の経営者、管理者の皆さん、本当に今までご苦労さんでした。われわれ中高年の戦後の頑張りで、こんなによい時代を築き上げてきました。これからも頑張らなくてはなりませんが、しかしできるだけ早く、遅くとも新世紀の初頭までには脇役にまわりましょう。
2024.04.21 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【MBO 目標管理】を掲載
わが国の大方の企業のトップマネジメントは、人材育成をロで強調する割には、具体的な事実で示していない。第一に、将来の指導者たるべき人材が、できるだけ早い時期に見出され、次いで当人の意思の確認と、組織側の責任者のコンセンサスのもとに、ローテーション、プロモーションをおこなっていない。
2024.04.20 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【個立の時代の人材育成】を掲載
横山哲夫先生は組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであると説きました。
2024.04.19 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_中国_新型コロナについて】を掲載
中国の社会保障施策の紹介の最後である。今回はかての動向として、中国における新型コロナウイルス感染症の状況、「ゼロコロナ」政策の転換について紹介する。
2024.04.19 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【自己理解と他者理解3】を掲載
まずは自分の考えなどは入れず、自分が対象者の立場ならば、という視点で考えてみると良いかと思います。 「自分が対象者の立場で考えてみる」ということについて、ここでは作家の遠藤周作氏のエッセイを紹介します。
2024.04.18 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_中国_障害者福祉その他】を掲載
中国の社会保障施策について、障害者福祉、児童福祉、公的扶助制度の関係をみていきたい。また最近の動向について社会保障制度に関する動向を紹介する。
2024.04.17 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_中国_医療保険制度その他】を掲載
中国の社会保障施策をみていきたい。今回は医療保険制度、医療提供体制、社会福祉施策を中心に紹介します。
2024.04.17 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_中国_社会保障施策】を掲載
中国の社会保障施策についてみていきたい。中国では出産・育児に対する政策支援など少子化に対する施策が強化されているほか、一部の都市では介護保険制度が試行的に実施されており、制度枠組みの構築に向けた模索が続けられている。高齢化に伴う医療・年金関係給付の増加も課題となっている。
2024.04.17 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_中国_労使関係施策】を掲載
中国の労使関係施策について、労使団体の概要のほか、労働紛争の概況、紛争解決制度について紹介する。また、最近の動向について、新しい就業形態の拡大、新型コロナウイルス感染症と雇用・労働対策についてもみていきたい。
2024.04.17 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_中国_労働条件対策】を掲載
今回は、中国の労働条件対策(賃金・労働時間および労働災害の動向、最低賃金制度、労働時間制度、労働安全衛生、解雇規制など)について紹介する。
2024.04.16 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_中国_職業能力開発、外国人労働者対策】を掲載
日本人も多く働いている中国の労働施策をみていきたい。今回は、職業能力開発、外国人労働者対策などについて紹介する。
2024.04.16 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_中国_雇用・失業対策】を掲載
中国は、2021年6月、「人力資源と社会保障の発展に関する第14次五か年計画」を発表した。この計画は、中国が抱える課題を解決すべく、2025年までの5年間を対象として、「雇用」、「社会保障」、「人材育成」、「所得分配」、「労働紛争関係」および「公共サービス」の6分野について重点目標と指標を設定するものである。
2024.04.15 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_韓国_労働市場】を掲載
韓国の労働施策の紹介です。今回は最近の動向として、尹錫悦(ユン・ソンニョル)新政権の「6大国政目標」と「110大国政課題」、労働市場改革、新型コロナウイルス感染症に関する雇用対策について概観する。
2024.04.15 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_韓国_労使関係施策】を掲載
韓国の労使関係施策について概観する。韓国政府は、重要な労働問題について、労使団体との政策協議やその他積極的なコミュニケーションを通じて、不必要な対立を防ぎ、労使間の協力の精神を促進している。
2024.04.15 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_韓国_労働条件対策】を掲載
韓国の行政機関である雇用労働部は、職場における適切な労働条件を確保し、公正な労働市場を実現するために、法執行権限を持つ労働検査官の数を大幅に増やす方針である。さらに、大韓労使協会と委託契約を締結し、労務管理能力が不足していると思われる職場に対し自主的に確認するための支援などを実施している。
2024.04.15 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_韓国_職業能力開発、外国人労働者対策】を掲載
韓国の労働施策において職業能力開発、外国人労働者対策を、雇用における平等の確保などの施策について概観します。
2024.04.15 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_韓国_雇用失業政策】を掲載
大韓民国の労働施策についてみていきたい。韓国では、コロナ禍における雇用対策として、雇用維持補助金の大幅拡大、緊急雇用安定補助金を含む収入支援等の対策がとられた。また、労働安全衛生施策として、2022年1月から重大災害処罰法が施行されている。
2024.04.15 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【自己理解と他社理解2】を掲載
自分の特質を知るということは、自分を良く知るということ、つまり「自己理解」になります。自己理解とは文字通り、自分自身を把握し理解することをいいます。「自己理解」という言葉は近年、世の中にあふれており、自己理解についての書籍や記事も豊富です。
2024.04.14 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【自己理解と他者理解】を掲載
私たちは、日々の生活のなかで多くの人に接し、その人たちと何らかの関係を持つ機会があると思います。その時に、自分の知っている人あるいは以前に合ったことがある人に風貌が似ている、あるいは性格が似ている、といった人に出会ったことがあるのではないでしょうか。
2024.04.09 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_韓国_社会保障3】を掲載
韓国では障害者の完全な社会参加と平等を通じた社会統合を基本目標として、これまで5か年計画を策定・推進し「障害者の自立生活ができる包容社会」をビジョンとしてきた。“福祉・健康支援体系、“教育・体育・文化の機会の保障”、“経済的自立基盤の強化”、“権益と安全の強化”、“社会参加活性化”を柱にしている。
2024.04.03 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_韓国_社会保障2】を掲載
韓国の社会保障制度の2回目です。近年、日本の会社は製造業を中心に海外進出を急速に進めています。すでに進出のピークは過ぎていると思われますが、キャリアコンサルタントが海外進出の日本企業で働く人と接触する機会はどんどん増加しています。
2024.04.01 お知らせ キャリアコンサルタントの知恵袋に【海外進出日本企業で働く人々_韓国_社会保障】を掲載
キャリアコンサルタントが海外進出の日本企業で働く人と接触する機会はどんどん増加しています。今回は韓国の産業界の事情をお話ししようと思います。
2024.03.29 お知らせ 2024年4月1日から教育訓練の支給申請がしやすくなります! 「特定一般教育訓練給付金」「専門実践教育訓練給付金」の受講前の必要書類の提出期限を「受講を開始する日の原則2週間前まで」に緩和されます
2024.01.18 お知らせ ホームカミングディの開催のお知らせ
川崎に集まれ!!2月10日(土)テクノファホームカミングディ
今回のプレゼンターは小野田博之先生
「キャリアまんだら」というワークショップを体験しながら相互に語り合っていただく時間にしたいと思います。
2023.08.28 お知らせ 国立社会保障・人口問題研究所は22日、「第7回全国家庭動向調査」結果を発表しました。
妻と夫の1日の平均家事時間は、妻が平日247分・休日276分となり、2018年調査より減少。夫は平日47分・休日81分で前回調査より増加。妻の家事分担割合は低下しているものの、依然として80%を超える水準にある。同調査は、出産・子育ての現状、家族関係の実態を明らかにし、家庭機能の変化の動向や要因を明らかにするための調査で、1993年から概ね5年ごとに実施している。
2023.08.10 お知らせ 働き方や職業キャリアに関するニーズ等を把握しつつ、新しい時代を見据えた 労働基準関係法制度の課題を整理することを目的とした、 「新しい時代の働き方に関する研究会」の中間整理が発表になりました。
2023.07.25 お知らせ 令和4年度「能力開発基本調査」の結果が公表されました。
企業・事業所・個人それぞれに能力開発の実態を調査しています。 事業所の教育訓練状況では、7,046事業所へ調査し、有効回答率が53.8%のうち、 キャリアコンサルティングを行うしくみを、正社員に対して導入している事業所は45.2% 正社員以外に対して導入している事業所は29.6%という結果でした。 そのほか膨大な調査結果があります。
2023.07.24 お知らせ 第2回キャリアコンサルタント登録者の活動状況等に関する調査が発表になりました。
日本の職場及び労働者において新しい働き方、学び方が課題となっている現状を踏まえ、 新しい働き方、学び方を支える支援の重要な担い手としてキャリアコンサルタントが期待されています。
2023.06.22 お知らせ 「キャリアコンサルタント登録者の活動状況等に関する調査」が発表になりました。
2017年と2022年の直近の比較では、①「キャリアコンサルティングに関連する活動」以外だけで生計を立てている割合が増えた。②キャリアコンサルティングの活動に対する満足感及びキャリアコンサルタント資格が役立っている感覚は減少した。③キャリアコンサルティングの仕事に従事する割合が減り、人事・総務・事務・管理の職務の割合が増加した。④概して大企業に勤務する割合が増加した。
2023.05.19 お知らせ 岸田総理は、総理大臣官邸で第18回新しい資本主義実現会議での議論を踏まえ、 三位一体の労働市場改革の指針について、キャリアコンサルタントについても発言されています。
2022.04.26 お知らせ 国家資格キャリアコンサルタント必携の情報集です。特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会から発売されています。一般価格:2,290円(税込)+発送手数料
詳しくはこちらまで
2022.10.31 お知らせ ジョブ・カードを、オンライン上で作成、登録、更新できる新たなサイト「マイジョブ・カード」が公開されました。
2022.10.12 お知らせ 新たに更新講習が加わりました!!【技能講習】アンコンシャス・バイアスを理解したクライエントサポート
2022.09.26 お知らせ 令和4年度「労働経済の分析-労働者の主体的なキャリア形成への支援を通じた労働移動の促進に向けた課題-」が発表になりました。
2022.06.30 お知らせ 「職場における学び・学び直し促進ガイドライン」が厚生労働省から発表されました。
2022.04.28 お知らせ テクノファ更新知識講習が開講されました。オンデマンド学習です。詳細はこちら
2021.06.22 お知らせ キャリアコンサルタント登録制度等に関する検討会における議論を踏まえた報告書が、公表となりました。
2021.05.28 お知らせ 国家資格キャリアコンサルタント登録者数が、六万人を超えました。
2021.04.08 お知らせ 第11次職業能力基本計画が発表になりました。
2021.03.05 お知らせ 「キャリアコンサルタント養成講習の基本姿勢についての共同声明文」を更新しました。
2021.02.05 お知らせ 国家資格登録の経過措置期間が、令和3年3月31日で終了します。
2020.05.13 お知らせ キャリアコンサルタント資格関連セミナー無料説明会をオンラインで開催(ZoomによるLive配信)にて行います。
2020.02.04 お知らせ 「キャリアコンサルタントの知恵袋」の連載が始まりました
2019.11.22 お知らせ 国家資格キャリアコンサルタントの更新について
2019.02.13 お知らせ キャリアコンサルタント養成講座の基本姿勢についての共同声明文を発表しました。
2019.01.10 お知らせ キャリアコンサルタントの継続的な学びの促進に関する報告書が発表になりました