実践に強いキャリアコンサルタントになるなら
株式会社テクノファ
厚生労働大臣認定キャリアコンサルタント養成講座実施機関

キャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルタントとは

「キャリアコンサルティング」とは、働く事を、自分自身で計画して、自己決定して行動していくために、相談面接によって明確にしていく事、また、専門家として、情報提供したり、問題があれば、その解決をする為の支援を面接で行うことを言います。
相談に来る人は、働いたことの無い人も、長年働いてきた人も、ブランクがあって再度働きたいと思った人も、現在働いている人も、いろんな人がいます。

そして働く人の人生は、いろんなライフイベント(就職・昇進・転勤・結婚・退職・家族が増えたり、介護が必要になったり、看取ったりetc)があります。

また、働く環境も大きく変化していて、勤めていた会社がなくなったり、合併したり、大きな災害に遭遇して地域社会全体が変化してしまうことさえあります。

自分自身も、自分の置かれた環境も、いつも変化し続けているのが、私たちの現状です。

人生のいろんな転機に遭遇した時に、専門家と話すことによって、問題解決につながる支援をすることが、キャリアコンサルティングであり、その専門家がキャリアコンサルタントです。

キャリアとは

「キャリア」とは、生きていることそのもの・今まで生きてきた軌跡です。
だから、一人一人がどんな環境で、どんな経験をしてきたか、働いてきたか、によって、一人一人の「キャリア」は違います。
​また、自慢できる経歴が「キャリア」ではありません。例えば「主婦」というのも、立派なキャリアです。「会社の中で、何の業績も残していない」から、「自慢できる経歴が無い」から「キャリアがない」というのではありません。

自分の人生の中で重要な位置を占めるキャリア(仕事人生 working life)は、自分が主人公として、自分の責任において、自分が決めるものなのです。
したがって、組織で行われる人材育成も能力開発も、一人ひとりが、自らの責任において行われなければ、結果的に組織にとっても意味のあるものとはなりません。
また、真の適材適所を目指すのであれば、組織の側からの一方的で、かつ外側からの評価に基づくのではなく、本人の内的キャリア(自分の仕事に対するやりがい・生きがい)を含むセルフ・アセスメントとの擦り合わせが重要です。

セルフ・アセスメントを明確にするためには、自己理解を深めなければなりません。
自己理解を深め、内的キャリアを明確にし、セルフ・アセスメントを行った上で自分のキャリア・ゴールとキャリア・パス(通過点)を設定するこの中で、キャリアコンサルタントは

  • 自己理解を深めるための援助
  • セルフアセスメントをより明確にするための援助
  • キャリア・ゴールを設定するための援助
  • キャリア・パスを設定するための援助

として重要な役割を果たします。

キャリアに関する相談の有用性

キャリアコンサルティングを受けて
良かったと思いますか?

就労形態を問わず9割を越える方たちが、キャリアコンサルティング(キャリアについて相談すること)によって自身のキャリアに良い影響があったと実感しています。

役に立った内容

資料出所:厚生労働省「平成28年度能力開発基本調査」

キャリアコンサルタントになるには

キャリアコンサルタントは、平成28年4月より
国家資格になりました!

キャリアコンサルタントになるには、国家資格キャリアコンサルタント試験に合格することが必要です。国家資格キャリアコンサルタント試験は①学科試験と②実技試験の両方に合格することが求められます。

試験を受けるには以下のいずれかを満たす必要があります。

  1. 厚生労働大臣認定の養成講座の修了(テクノファ キャリアコンサルタント養成講座がそれに当たります)。
  2. 厚生労働省令で定める実務の経験(労働者の「職業選択」「職業生活設計」「職業能力の開発及び向上」のいずれかに関する相談の3年以上の実務経験)を有している者。
  3. 1、2と同等以上の能力を有すると認められる者として厚生労働大臣が定める者。技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験または実技試験の合格者。

上記2.の「経験」については、以下のいずれも適合するかどうかという考え方を基準に、個別に判断することになります。(以下は厚生労働省のHPより)

  • キャリアコンサルティングによる支援対象者が、「労働者」であること。なお、ここでいう労働者とは、現在就業している方のみならず、現在仕事を探している求職者(ハローワーク等の職業紹介機関に求職の申込みを行っている方、学卒就職希望者等)を含みます。
  • 相談の内容・目的が職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上に関するものであること。
  • キャリアコンサルティングが一対一で行われるもの、又はこれに準ずるもの(少人数グループワークの運営)であること(情報提供に止まるもの、授業・訓練の運営そのもの等は含みません。)。
もっと詳しく知りたい方は

まずは無料説明会から!

長年にわたり講座の現場を見てきた事務局担当(講師兼任)から、じっくりとその思いと講座の魅力を、そしてなぜテクノファの講座を受けられた方が実践の場で高い評価を獲得しているのかをお伝えします。

日程 時間 予約状況
11月21日(水) 18:30~20:00 終 了
12月1日(土) 10:15~11:45 終 了
12月12日(水) 18:30~20:00 終 了
12月15日(土) 13:30~15:00 終 了
12月19日(水) 18:30~20:00 終 了
1月9日(水) 18:30~20:00 終 了
1月12日(土) 13:30~15:00 終 了
1月16日(水) 18:30~20:00 終 了
1月26日(土) 10:15~11:45 終 了
1月30日(水) 18:30~20:00 お申し込み
2月6日(水) 18:30~20:00 お申し込み
2月13日(水) 18:30~20:00 お申し込み
2月23日(土) 10:15~11:45 お申し込み
3月2日(土) 10:15~11:45 お申し込み
3月13日(水) 18:30~20:00 お申し込み
3月23日(土) 10:15~11:45 お申し込み
3月27日(水) 18:30~20:00 お申し込み
3月30日(土) 13:30~15:00 お申し込み

キャリアコンサルタントの活躍の場

キャリアコンサルタントの活躍の場所は広がってきており、広く社会から求められています。

企業の人事部・キャリア相談室、管理職者全般

社員のキャリア形成支援、労務相談、研修の企画・実施、評価制度、予防的メンタルヘルス、ハラスメント対応、関係部署との調整など

教育機関の就職課・キャリアセンター

学生の進路相談、就職指導、企業紹介、各種セミナー企画実施、キャリア研修講師など
※教育機関=中学校、高校、大学、大学院、専門学校

再就職支援会社・人材紹介会社

紹介カウンセラー、就職支援コンサルタント、派遣コーディネーター、スタッフフォローなど

公的職業紹介機関

求人紹介、転職カウンセリング、就職セミナー講師、履歴書・面接指導、自立支援、就労相談など
※公的職業紹介機関=ハローワーク、ジョブカフェ、高齢者就職支援センター

独立起業、NPOの立ち上げ

企業や教育機関などから業務を委託されて活動
就職セミナー講師、履歴書・面接指導、企業内研修、働き方講師、採用代行など